B-UP 通販 楽天 アマゾン

MENU

B-UP(ビーアップ)サプリ通販|最安値は楽天?アマゾン?

ミーロード社が販売するB-UP(ビーアップ)はどこで買うと安いのか、徹底的に調べたのでこちらにまとめておきます。

 

楽天、アマゾン、ヤフーショッピング、ミーロード社の公式サイト、薬局(ドラッグストア)、ドン・キホーテ、イトーヨーカドー、イズミヤなどの店頭販売、

 

その他店舗などB-UPが売られているところを徹底的に探しました。

 

その結果、ミーロード社以外のB-UPという商品は見つかるのですが、

 

ミーロード社のB-UPは公式サイトでしか売られていないことがわかりました。

 

なので公式サイトでしか購入することはできません。

 

このB-UPという同じ名前の他社商品を間違えて購入しないように気を付けてくださいね。

 

⇒ミーロード社のB-UPを見に行く

 

 

 

 

 

 

 

 

B-UPの定期便 トクトクコースの解説

B-UPは定期便でしか購入できないようになっています。

 

サプリメントですので、ある程度の期間使用しないと効果が実感できないということで3か月は最低継続するようになっています。

 

そして、それで実感できなかった場合のために、90日間の返金保証がついています。

 

なので、お試しで利用できるととらえてもいいかもしれません。

 

どうやって返金保証を使うの?

 

1、1〜3回目までの商品の袋と納品書を取っておく
2、4か月目の商品が発送される7日前までに電話で連絡する

 

1回目500円、2・3回目5940円⇒12380円が返金されます。この時送料だけは自己負担になります。

 

⇒ミーロード社のB-UPを見に行く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若いのに、たれ乳に悩んでいます

学生の時から、「巨乳」とよく言われていました。自分としては、デブというほどではないが肉付きの良い体型が、そのように見せているだけであり、実際のカップサイズはDであり、わざわざ「巨乳」などと言われるほどの大きさではないと思っていました。

 

しかし社会人となり、学生の時と比べるとかなりスリムになった後もカップのサイズが下がることもなく、むしろアンダーが減ってサイズが上がるくらいで、「胸からは減らないね」と友人に言われることも多く、確かに「脂肪が胸を豊かに見せていただけ」というわけではないのだなあ、と自分の「巨乳」に感心したりもしました。なぜだか「巨乳」をうらやんでくる「貧乳(というほど小さくはないと思うし、私ともそれほどたいした差は無い)」の友人たちの羨望のような嫉妬のような態度に合わせて、「ふふん。いいだろう。触ってもいいんだぞ」というように、得意がるポーズをしてみるのもお約束となっていました。しかし乳は乳。でかかろうが小さかろうが機能に差は無いだろう、と私は自分のバストに無頓着でした。

 

しかし、ある時、温泉旅行に行った時の友人の一言が私を変えてしまいました。

 

「あれ?なんかおっぱい垂れてきてない?」。

 

この一言に、私は大いにショックを受けました。自分でも呆れるほどの大ショック。今までバストのことなど、結構どうでもいいと思っていた私でしたが、垂れてきたとなると話は別です。「20代にして垂れ乳!なんてかっこ悪い!お嫁にも行けない!」と焦った私は、その日からバストアップに励むようになります。

 

それまでの私は本当に無頓着で、家では基本的にノーブラ、ブラジャーもサイズもあまり気にせず安いのばかり選び、しかも穴が空くまで買い替えないといったありさまでした。ちっともおっぱいに気を配ってあげてなかったのです。

 

とにかく、垂れ乳防止には、バストアップには何がいいのかをインターネットで調べます。あふれるような情報。これがインターネットの世界。数あるバストアップ体操からどれを選べばいいのかもよくわからず、適当なものを2、3ピックアップ。これを日々、気の向いた時に行います。その他にも、自分で勝手に良さそうかな?と思った筋トレも適当にまじえてやってみます。もとが適当な性格なので、やると決めても、焦っていても、なんだか適当な対策しかできません。しかし、さすがにブラジャーだけはきちんと買いなおしました。

 

なんとなく恥ずかしいながらも、お店の人にサイズを測ってもらい、ぴったりのブラジャーを探してもらいました。バストサイズ自体は小さくないため、そのお値段の高いことにはびっくりです。しかし、私はこれからは、きちんと自分のおっぱいを支えてあげられる良いブラをつけることに決めたのです。「痛くないワイヤー」入りのブラ(6800円+税)は、しっかりと、しかし優しく私のおっぱいを支えてくれます。服の上からでも良い形です。「おお、セクシー!かっこいい!・・・・・・でもこのブラを取ると・・・・・・」垂れるのです。未来の旦那様も幻滅でしょう。

 

バストアップを心がけはじめて、早一年。適当ながらも体操や筋トレは続いており、ブラジャーもきちんとつけて生活しています。バストアップの効果は・・・・・・ちょっと自分の目ではわかりませんが、さらに垂れたということはなさそうです。垂れたと言っても、まだまだ若いおっぱい。継続は力なり。現状維持ができていれば、30・40のおばさまになった時には大したものでしょう。お腹に先っちょがついてしまうような、びろびろおっぱいのおばあちゃんにはなりたくありません。

 

彼氏もいない20代女子。しかし未来の旦那様のため、今日もバストアップ体操に適当に励みます。

妊娠出産でのバストアップ

妊娠前は手頃なCカップでした。もっと大きくしたいとも、大きすぎて邪魔だとも思ったことがありませんでした。しかし、妊娠してからバストは日に日に大きくなり、出産後、授乳が始まると更に大きくなって、二カップアップしてEカップになりました。

 

妊娠中に買った授乳ブラジャーでさえ間に合わなくなって、カップ付きのタンクトップを着ていました。バストが大きくなったし、体重自体は妊娠前に戻ったので、スタイルが良く見えるようになったのは嬉しかったのですが、とにかく邪魔でした。

 

少し走ったり、自転車に乗って段差を降りたりするだけでバストがゆっさゆっさと揺れて、気になってしかたありませんでした。また、暫くすると、重力に負けてバストの位置が下がり、垂れてきました。左右に開いているのも気になります。しかし、授乳量に合わせて、バストが刻々と形を変えているので、高価なブラジャーを購入するのもためらわれます。服もあまり胸元が開いたものなどは着にくくなりました。

 

バスとアップしても、動きにくいし、形は崩れやすいし、似合う服は減るし、ブラジャーも可愛くないしでであまりいい思いはしませんでした。でも、一つだけ、夫からはスタイルが良くなったと好評です。